薄毛になっても諦める必要はありません

たとえ抜けてしまう髪の毛が増えてしまい薄毛になったとしても嘆き悲しむ必要はないのかも知れません。
薄毛になったしても毛根が生き続けていて髪を生み出す活力が残っているのならば髪の再生が可能だからです。
薄毛になった頭を見て、嘆き悲しむ時間があるのなら毛根に活力が残っている間に適切な処置を施すのが髪を
再生させる近道になるはずです。私も自分が薄毛になっていることを知ったときは焦り、そして嘆きました。
でも、すぐに髪を再生させる行動に移りまました。毛根はまだ生きていると信じて毛母細胞を活性化させる目的で
育毛剤を使い始めたのです。

頭皮トラブル一押しサイト
頭皮トラブルの症状・原因まとめ~薄毛や皮膚炎になる前に~

手遅れにならないうちに適切な処置がとれたのではないかと思っています。
毛根が生きていればまだ望みはあります。薄毛になってもすぐに諦めてしまうのは早計だと思うのです。。